遺品のタンスを粗大ゴミとして処理しました

祖母が亡くなった時にかなり年代物のタンスが5つ残され、古すぎて使えずにかなり大きな粗大ゴミになりました。捨てように捨てられずに未だに部屋の大部分を占拠しており、本当に困っています。そのタンスはどれも破損している状態であり、服もしまえずにゴミでしかありません。引き取ってもらうにも部屋から運び出すのに一苦労する品物です。

祖母の部屋に5つの粗大ゴミの旧式タンスがスペースを占拠しておりましたが、これらはすべて木製品で作られていました。そこでお金を払って粗大ゴミとして引き取ってもらわずに、祖母の部屋の中でタンスすべてを分解して整理し、外に運び出しやすいように小分けして運び出しました。
家の周りは畑ですので、風のない日を選んで少しずつ焼却していって5つあった木製品のタンスすべての粗大ゴミを処理しました。畑のそばで焼却したので、灰は肥料としても使えました。

まずはお金を使わないで分解してみて、他の事に使用できないか?と考えを変えて見ることが一番大事だと思います。

PR|愛知の遺品整理業者なら|