故人の思い出話をしながらの遺品片付け

祖母は、90歳をすぎても衣食住に関わることは自分でこなし、90歳でもしっかりとした人でした。孫やひ孫が訪れると、いつも嬉しそうにジュースやお菓子などを出してくれます。そんな祖母も、病気をしたことが原因で衰弱しはじめ、家族みんなで自宅で看取ることができました。ただ、90歳にもなっていたので、20年近くの間、リフォームや大掃除というものをしていませんでした。また、昔の物を大事にするという考えから、紙袋から包み紙、リボンや紐まで使えそうなものは全ておいてありました。キッチンに置かれていた戸棚には、何年もあけていない戸棚もあります。まずは、なんでも物を大事にしていた祖母を思いながらも、害虫の巣になっているような不用品のゴミ出しから始めました。出してもだしてもきりがないほどのゴミをゴミ袋につめ、直接ゴミ処理施設に捨てにいくことを何往復もしました。開かずの扉には、何か大事なものが入っていないかを確かめながらの作業です。ついつい、懐かしいものがあり手がとまってしまうこともありましたが、そんな時間も楽しみながらの遺品の片付けになりました。貴金属がでるたびに、金かどうか?と盛り上がり、形見として欲しいものはもらい、それ以外は売りにいきました。90歳にもなって大往生だったため、遺品整理も暗いものではなく宝探しのように行いました。